解体工事で騒音等による近隣住民トラブル~こんな相談が多い!

解体工事を経験した事のある方はなかなかいませんが、空き家問題が表面化し、今後もっと空き家が増えてくる事を考えると、当然、空き家の解体も増加していく訳なのでトラブルになるケースも出てくるはずです。

解体工事の増加と共に、トラブルが増え、苦情も多くなってきているようです。

ほとんどの方が現在の住居と関係ないとしても、例えば実家に住んでいない方や、隣家の方達が高齢者の場合など、今後空き家になり、老朽化で倒壊の危険性があり解体される事も当然考えられるので、今後自分にも関係してくる可能性がある問題です。

工事に関するトラブルは、不法投棄の問題など沢山ありますが、今回は一番身近な近隣住民とのトラブルについて考えてみたいと思います。

これから解体工事を検討している方は注意してほしい点書いていきますが物理的に解体しないのがお金もかからず理想的。意外とマンション 売却 見積もりを全国にあたってみると売れてしまったなんてケースもあるので試しに解体工事をするまえに見積もり依頼を出してみるのもよいでしょうね。

解体工事で多い近隣住民トラブル

解体工事と言うと「うるさい」イメージがありますが、近隣住民とどんなトラブルが起きているのか?比較的多いトラブルについて紹介します。

  1. ・騒音
  2. ・近隣への配慮を怠り、トラブルに
  3. ・工事日程の遅れ
  4. ・ホコリなどがすごい

①騒音

解体工事をするので、当然「騒音」は出ますよね。びょう打機、さく岩機、バックホウ、トラクターショベル、ブルドーザー等、利用すれば「うるさく」なるのは当然ですね。市に寄せられる多くの苦情のなかで、建設・解体工事の騒音や振動のトラブルがかなりの数を占めているようです。

もちろん、騒音や振動に関しては決められた数値(騒音:85デシベルを超えない)があったり、作業の時間帯もAM7時間~PM7時まで、原則、休日は作業禁止などがあるので解体業者も厳守しますが、守っているからと言って近隣トラブルにならない訳ではありません。

普通に過ごしているのにいきなり、業者が現れて作業を始めれば、何事かと思ってビックリしてしまいますよね?

なので事前に近隣住民に解体工事がある事を知らせておく必要があります。解体工事をする訳なのでうるさくなる事を知っていれば、「しょうがない」と思えますし我慢できますが、知らなかったらストレスになりますよね。もし仕事で大事な打ち合わせをする時間と重なっていたりすると仕事になりませんし、取引先にも迷惑をかけます。

②近隣への配慮を怠り、トラブルに

騒音とも関係しますが、解体工事をする際は近隣への配慮を本当に細かくしておく必要があります。近接している場合は工事の影響を強く受けます。振動によってヒビが入ったり、当然ホコリなども舞いますので、汚れたりする訳です。

その為、予め周辺住民に対して、工事の内容であったり、期間、大掛かりな工事になるのかなど挨拶に行って知らせたり、チラシを作って告知をしたりなどしておくべきです。可能であれば、依頼主と解体工事責任者とで挨拶まわりをした方が良いですね。

またもし、可能であれば、事前調査の際などの際に隣の方なども一緒にいればトラブルを未然に防げる事に繋がります。

③工事日程の遅れ

工事日程が遅れてしまう事があったりしますが、これはしょうがない部分もあります。しかし、近隣の方からしたら、そんな事は関係なく、やって終わると思っていたのに、まだ続くのか?と思ってしまいます。工事日程が遅れて延びてしまうのは、ある程度の段階でわかるはずですので、早めに伝えておけばトラブルになりにくいはずです。

④ホコリなどがすごい

解体工事をするのでホコリが舞ってしまいます。洗濯物が干せなかったり、壁が汚れたりなどクレームを言いたくなる気持ちはすごくわかります。工事がある事を知らずに洗濯物を干していたら当然、汚れてやり直しになってしまいます。

解体業者はその辺は考慮してホコリや粉塵が飛散するのを防ぐ為に散水しておくなど対処しておくことが必要です。またあらかじめ近隣に知らせておけば、そもそも洗濯物を干さないのでトラブルを防げるはずです。

まとめ

解体業者は仕事ですし、依頼主も解体工事が必要な訳ですが、近隣の方は「そんなの関係ない」ですよね?必要ないのに我慢しなければいけない訳です。その為、業者も依頼主も近隣住民に細かい配慮をしなければいけません。

「しょうがないでしょ?」

と思ってしまいますが、逆の立場であれば、工事があると分かっていたとしてもイライラしてしまうと思います。

誠意を持って事前に迷惑をかける事を伝えて理解してもらい、良い関係性を築いておいた方が工事もスムーズに進みます。解体工事ではありませんが、マンションなどのリフォームなどをする場合も同様に騒音がすごいですが、大抵の場合、両隣と上下階の住民にのみ挨拶をして他の住民にはチラシで知らせているようです。マンションですので住民が多ければすべてに挨拶はできませんが、少し範囲を広げてもいいのでは?と思った事があります。

一戸建てなどの場合は近所と言ってもそれほど多くはないので、きちんと挨拶をすべてしておくべきですね。

また、新しく家を建てる為に解体工事を行う方もいると思います。解体したら終わりではなく、ご近所さんとして長い付き合いが始まる事になるので尚更、近隣への配慮は必要になってくると思います。